住宅ローン審査転職は不利?

住宅ローンの審査では、勤務先や雇用形態、年収、とともに勤続年数が審査要件に入ります。
勤務先は、雇用の安定を見るための項目で大企業や公務員が有利です。
年収は住宅ローンの返済負担額の計算に必要ですし、雇用形態も安定した収入が今後も獲得可能かという観点で重要な項目です。
正社員は余程の理由が無い限りは解雇されないので、契約社員や派遣社員よりは有利に評価されます。
勤続年数も、勤務先に何年間継続して勤務しているかを確認することで、今後の継続勤務を予想します。
転職を繰り返していると安定した収入面に不安が出てくるので審査に不利になります。
どの銀行でも「最低3年」の勤続年数が必須条件のようです。
しかし、住宅購入のために高収入な仕事に転職することは充分に考えられるので、転職後の勤続年数が浅い人は、転職理由や返済計画を充分に説明する必要があります。
ソニー銀行がおすすめな人は?金利のメリット!【借り換えはどうなの?】