勤務する前からブラック企業だと判明していれば良いのですが...

勤務する前から、ブラック企業だと判明していれば、そんな企業に就職する人はいません。
ただ、退職したいと考えても、将来の生活のことを考えると、辞めるに辞められない場合もあるかもしれません。
ですが、健康があっての生活ですし、無理して続ける必要はありません。
良い転職の理由としては、まず、転職を思い立った実際の理由を自問自答してください。
直接伝えるものではないので、素直にノートに書いてみましょう。
そして、与える印象が否定的なものとならないようにそれを表現の仕方を変えてみましょう。
長々しい転職理由だと言い訳だと誤解されかねないので、長くならないようにします。
一昔は、35歳を超えると転職できなくなるという説も、結構真実を語っていました。
昔は年齢に比例して序列が上がっていくシステムだったので、35歳以上の方が途中で入社しても扱いづらいので、採用しないところが多かったのです。
でも、現在は年功序列が崩れたため、35歳を超えていても能力があれば積極的に採用するところが多くなりました。
通常、転職者が要求されるのはすぐ使える人材であることなので、違う業種で働く場合は年齢や経験ではない、何らかの別な長所がないと採用されないでしょう。
今すぐにでも、働いてもらえるような人材が欲しいので、経験を問わず採用するところは少ないです。
必要なスキルを身につけておくとか、研修を受けておくといった努力が大切になります。
また、転職サイトに登録すれば、求人を紹介してくれるだけではなく転職に関する様々な相談にも乗ってくれるでしょう。
求人も多く見つけることが出来るので、自分ひとりで転職をするよりも転職サイトを利用した方が転職できる可能性も高いでしょう。

転職成功には資格がないと無理?採用基準経験と資格【大切なものとは?】