住宅ローンの選び方は?ポイントは?

住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
団体信用生命保険という保証の内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、ローンの残額が無くなる。
という保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。
自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
ローンの金利には大きく分けて固定金利・変動金利があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。
ですが、自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。
現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。
住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。
家を建てるために必要なローンがいくつかあるのですが、とりわけ、つなぎ融資を利用している方も多いのをご存知ですか。
簡単にいうと、ローンが始まるまでの期間で不足しているお金を一時的に補う目的で借りるローンの事です。
一般的には、家のローンは完成してから始めて融資されるので建設中の間は、そうした融資を受ける人もいます。
こちらは、通常金利と比べてもとても高く一日毎に計算されるので取り急ぎ、本命ローンを申請する必要があります。
信用できる銀行を探す事を最優先とし、契約内容もきちんと把握し納得のいくプランを選べるように準備していきましょう。

住宅ローン金利ランキングを活用!損しない方法は?【金利一覧で選ぶ!】