住宅ローン借り換えおすすめは?金利の高さはどう?

住宅ローン減税を組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行から薦められる事はありません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。
自分の家を持つ。
という事は、だれにとっても憧れるものだと思います。
だけども、マイホームの購入はかなり大きな出費になります。
なので、すぐに支払いをする。
といった事は難しいですよね。
では、住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?一番いい方法は銀行または信用金庫がおすすめです。
借金したいところを自分で選んでも良いのですが銀行と不動産屋が連携している可能性もあるので、不動産屋任せにしても良いと思います。
フラット35という名前の住宅ローンフラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただそんなフラット35の審査は、ですが、フラット35の審査は少し違う点もありとはいえ、年収や勤続年数などは他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
マイホームを購入する際は頭金が必要です。
頭金無しでも住宅が購入できる!という広告も目にしますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。
住宅ローン借り換え比較!【ランキングおすすめ銀行は?】