ここ数年の間光回線業者の者が高齢者宅を訪問し強引な契約を取る事例が増えています

近年になって、光回線の業者の人が高齢の方が住むお宅を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線の契約トラブルが増えています。
そのような事態を鑑みて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線の契約に際しクーリングオフ制度の導入を2015年に行う方針を明白にしました。
wimaxの申し込みは、クーリングオフの対象外であります。
というわけで、検討に検討を重ねた上で申し込みをしてください。
契約したとたんすぐに解約をすると、解除料や違約金などと名のついた費用を徴収されます。
分かりやすく言えば、携帯電話と同じようなシステムと思っていいのです。
プロバイダの月額料金が安くなるといわれて、今のプロバイダに変更したのですが、失敗したと思っています。
確かに、値段はかなりお買い得でした。
しかし、ネット接続の不具合が頻繁に起こったり、回線速度が落ちてしまったりで、前のプロバイダの方がはるかに快適だったのです。
安易にプロバイダを乗り換えてしまったなと、悔やむ気持ちです。

光ファイバー乗り換えキャンペーン