アテニアクレンジングのニキビケアの口コミの件と私の体験談

美肌の基本は洗顔からと言われるくらいに重要とされている洗顔ですがみなさんは何を使って洗顔を行っていますか?時間がない方はクレンジング不要な洗顔クリームなどを利用している方も少なくないと思いますがこれらのアイテムの多くは強力な界面活性剤が入っていると言われています。

そのため、スキンケアのことを考えると洗顔石鹸をできれば使いたいところです。

固形石鹸の使い方・洗顔方法としては手で泡立てて、マッサージを行う要領で顔全体を覆い汚れを浮かして取ります。

その後はすすぎを行うのですがこすらずに水で流しましょう。

水分をタオルで取る際にもこすらないようにしましょう。

保管方法としては乾燥させるために風通しがよく直射日光の当たらない場所が基本となります。

家に帰ってメイク落とす際にクレンジングシートやオイルを利用している人も多いと思いますが肌への刺激を考慮すると洗顔石鹸で落とすのが良いそうです。

その理由としてはそういった商品の多くが洗浄力が強いので肌への刺激もその分強くなっているからです。

そのため、天然素材由来の洗顔専用の石鹸を使ってメイクを落とす人もいます。

選び方は、ひとりひとりの肌質によって変わります。

例えば、乾燥肌の方は保湿成分が高いものがおすすめです。

ホホバオイルなどの皮脂に近い成分が含まれていると安心ですね。

オイリー肌の方の場合では、洗浄力よりも保湿が最優先です。

ただ、オイル成分が配合されている場合、ニキビの原因にもなるので注意しましょう。

化粧をする女性の方にとってクレンジングは避けては通れません。

その際、肌への負担が気になるという人も多いのではないでしょうか。

実際、化粧が落ちるということは強力な洗浄力を持っていることになり、その分肌負担も強力とされています。

ダメージの原因は界面活性剤と言われています。

ただ、化粧を落とす際に使う製品で界面活性剤なしというものはなく、肌負担をなくすことは不可能と言えます。

ただ、肌質に合ったものを選択すると負担を最低限にすることができます。

また、スキンケアとして化粧落とし後に洗顔石鹸で洗顔をするのも人気なようです。

中にはダブル洗顔はしないようにしましょうという話を聞いたことがあるかもしれませんが落とす汚れの性質が異なるので問題ありません。

クレンジングはダメージがあるから注意が必要と聞いて石鹸洗顔にしているという人も多いようです。

実際にアテニアクレンジングシートなどは洗浄力に特化しているので刺激も強くなります。

特にシートタイプの場合では拭く力もプラスでかかります。

固形石鹸は色々な天然由来の成分で作られています。

そのため、環境と肌の両方に安全なものになっています。

また、洗顔フォームと比較すると泡立たせるのが難しいので少ない量で洗えるので結果的に長持ちになり経済的な面もあります。

デメリットとしては洗顔石鹸を他人とシェアするとバクテリアが繁殖する可能性もあるので注意しましょう。

ネットで美容系のページを見ているとクレンジング後に洗顔をした方がいいと出てきますが洗顔の際、洗顔石鹸で行うと良いと書いてあることも多いです。

なぜ洗顔クリームなどではなく石鹸としているかを販売店舗のスタッフに聞いたところ洗顔クリームなどの天然由来の成分で作られている石鹸以外のこの2つの違いとしては、化粧石鹸は顔を含めた全身を洗うための石鹸となっておりもう一つは顔を洗うことに重点を置いているからです。

販売している店舗の方に話を伺ったところ、全身の皮膚の厚さが約2mmなのに対し顔の皮膚は全体的に薄く最も薄い部分は約0.6mmしかなくデリケートなので全身用の化粧石鹸で洗ってしまうと肌の潤いを守る皮脂まで洗い流してしまう可能性があるので洗顔に特化した石鹸があるそうです。

みなさんが家に帰ったらする日課は何ですか?メイク落としはおそらく毎日やると思います。

その際のクレンジングではどういったことに気をつけていますか?多くの人はシートタイプのものを利用していると思いますがパッケージに洗顔不要という記載がなければ洗顔石鹸での洗顔も行なったほうが肌にいいです。

その理由としてクレンジングではメイクや角栓など油性の汚れを落としますが洗顔石鹸の方では肌に付着したほこりや汚れなど水性の汚れを落とします。

逆に汗やほこりなどの水性の汚れに強いですが油性の汚れはそこそこという洗顔石鹸が多いので肌の悩みや肌質に合わせて洗顔料を探しましょう。

アテニアクレンジングオイルなどでのメイク落としは刺激が強いと聞いて低刺激なものを調べていくと天然由来の成分でできた洗顔石鹸が出てきます。

参照サイト:アテニアクレンジング口コミ暴露!危険成分ある?【ニキビ効果は?】

確かに、薄いメイクの場合は石鹸だけでも大丈夫だと言われていますがしっかりメイクをしている場合では綺麗にメイクは落ちないです。

その理由としてはクレンジングと石鹸で落とせる汚れの違いがあるからです。

石鹸では、汗やホコリ、花粉などの汚れは落とせるのですがメイクをはじめとした油性の汚れは落とせません。

そのため、一番肌に良いとされているのがメイク落とし後に洗顔をすることです。

洗顔用の石鹸を使う理由としては、全身の皮膚の厚さが2mm程度あるのに対し顔の皮膚は0.6mmと薄くなっておりよりデリケートな部分だからです。

メイクを落とすクレンジング後にW洗顔をすると肌に良いと知り合いに聞いたのですが洗顔時には洗顔石鹸と洗顔クリームなどの洗顔剤のどちらを使うと良いのでしょうか。

メリット・デメリットを簡単に比較してみましたので参考にしてください。

固形石鹸の長所としては天然由来の成分でできているので肌に安全という安心感や泡立てさせるのが難しいので少ない量で洗うことになりコストパフォーマンスに優れている点が挙げられます。

デメリットとしては、保管方法を間違えると細菌が繁殖しやすいことなどがあります。

洗顔フォームのメリットとしてはネットを使わなくてもふわふわの泡が立てられることやプラスチックボトルに入っていることが多いので清潔に保管しやすいことです。

デメリットとしては合成界面活性剤が必ず入っていることなので少なからずダメージがあることです。

メイクを落とすために使うオイルやジェルなどのアテニアクレンジングフォームですが最近では強い洗浄力による肌への負担に関心を持つ人が増えてきているそうです。

ダメージが気になっている方はメイク落とし後に洗顔石鹸で洗顔をしているようです。

仕事で忙しいなどなるべくメイク落としなどに時間をかけたくない方の中にはクレンジング効果もある洗顔剤を使ってみるという方法もありますがこういった複数の効果があるアイテムの場合、どうしても単品の効果に比べると少し弱くなってしまいます。

また、しっかりメイクをする平日を基準にして選ぶと薄めのメイクをする休日には刺激が強すぎて肌にダメージがくることもあります。

そのため、メイクの濃さなどのシチュエーションに合わせて使うアイテムを見極めていきましょう。